A4 WORKS Official BLOG

A4 WORKS オフィシャルブログ

PHP

FuelPHPを使ってみる

投稿日:2014年10月21日 更新日:

ゲーム開発プロジェクトのサーバー側(アプリと連携させるAPIとか管理機能とか)をどうするか検討していたんですがFuelPHPが良さそうなので、導入してみました。
http://fuelphp.jp/
日本語のドキュメントも整備されているので、導入の障壁もすくないかと思います。

インストーラーを準備

$ curl get.fuelphp.com/oil | sh

マニュアルのこちらをみれば記述があるのですが、パスワードを求められます。
ドキュメントのトップにある「FuelPHP へようこそ」のクイックインストールの項目だけみるとその様な記述が無かったので、ちょっと焦ります。
正常に終了した場合には何も表示されませんが、oilコマンドが使える様になっています。

プロジェクトを作成

$ oil create 

プロジェクトを作成したいディレクトリに移動し、oil createコマンドを実行するとフレームワーク一式がセットアップされます。

インストール後のエラー

Error - date_default_timezone_get(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in COREPATH/classes/fuel.php on line 167

セットアップ終了時に上記の様なエラーが出ました。
このエラーはapp/config/config.phpの97行目付近のタイムゾーンを以下のように設定することで解決しするとの事です。

'default_timezone' => 'Asia/Tokyo',

 動作確認

APPPATH/publicをドキュメントルートに設定するなり、既存の公開ディレクトリからシンボリックリンク張る等でWelcom!ページが表示されれば一旦は完了です
SS_fuelPHP_welcom

次回予告

次回ですが、テンプレートエンジンはsmartyを使いたいので、FuelPHPでsmartyを導入するためのセットアップの手順等を紹介したいとおもいます。

-PHP
-, ,

執筆者:

関連記事

memcachedのインストールとPHPの対応

AWSのサーバーにmemcachedをインストールしたので備忘録。 memcachedのインストール # yum install memcached 起動します。 # service memcache …

FuelPHPをPHP7.2に対応させる

php oil g model {以下省略} をすると下記のエラーがでました。 Uncaught exception Fuel\Core\PhpErrorException: 2 – Il …

PHPでAPCを有効にするとclass not foundになる現象

最近はLINEスタンプのネタばかりだったので、久々の技術ネタです。 4年ほど前に作ったシステム(ソーシャルゲーム)を訳あってAWS環境で再構築したところ、APCを有効にするとそれまで普通に動いていたシ …

BitbucketのPull RequestをSlackに通知するWeb API

BitbucketのWebhookと、SlackのWebAPIを組み合わせせる事でcommit通知は送れるのですが、Pull Requestの通知は標準では送信できない様です。 ネットで探すといくつか …

Google Developers PageSpeed Insightsを活用してパフォーマンスチューニング

PageSpeed Insightsのトップページに書いてあるんですが「あらゆる端末でウェブページの読み込み時間を短くしましょう。」との事。 読み込みが早い方が良いのはもちろんその通りで、問題はどうや …