A4 WORKS Official BLOG

A4 WORKS オフィシャルブログ

FuelPHP PHP

FuelPHPをPHP7.2に対応させる

投稿日:2019年9月22日 更新日:

php oil g model {以下省略} をすると下記のエラーがでました。

Uncaught exception Fuel\Core\PhpErrorException: 2 – Illegal string offset ‘primary’ in {path}/fuel/packages/oil/classes/generate/migration/actions.php on line 355

エラーがおこるケースとして、

count:int:default[0]

の様にデフォルト値が含まれているコマンドでエラーが発生していました。
この症状ですが、defaultを0以外にすると一見エラーも出ずコマンドが通るのですが、default値の設定はmigrationに反映されません。

fuel/packages/oil/classes/generate.php Line:1809を

修正前

if (count($part_matches) > 0)
{
    $option = $part_matches[0];
}
else
{
    $part_matches = true;
}

修正後

if (count($part_matches) > 0)
{
    $part_matches = $part_matches[0];
}
else
{
    $part_matches = true;
}

に修正すると正常動作します。


数年まえにつくったシステムがFuelPHP1.7系(PHP)でつくられていたのですが、諸事情によりPHP7.2が動くサーバに移設することとなり、対応しました。
開発も止まっていて、情報もあまりないのでなかなか大変です。。

-FuelPHP, PHP

執筆者:

関連記事

FuelPHPでSmartyを使う

以前のエントリ「FuelPHPを使ってみる」の続きです。 Twigを導入するか迷ったんですが、今回はなじみがあるのでSmartyを採用(導入)します。 最初に。 バージョン1.7.2でのセットアップ方 …

file_get_contensでPOSTリクエスト

file_get_contensでファイルパスの代わりにURLを指定することで、手軽かつ簡易に外部のサイトからソースを取得することができ、WebAPIからデータを取得するなどに重宝します。 ただ、PH …

no image

PHPの名前空間を実際に使ってみた。

A4 WORKS 新人の池田です。 “ブログを書くことで学べる事も多くある”という教えのもと、ブログ初挑戦です。 読みにくい部分も多分にあるかとは思いますが最後までおつきあい頂 …

FuelPHPを使ってみる

ゲーム開発プロジェクトのサーバー側(アプリと連携させるAPIとか管理機能とか)をどうするか検討していたんですがFuelPHPが良さそうなので、導入してみました。 http://fuelphp.jp/ …

Google Developers PageSpeed Insightsを活用してパフォーマンスチューニング

PageSpeed Insightsのトップページに書いてあるんですが「あらゆる端末でウェブページの読み込み時間を短くしましょう。」との事。 読み込みが早い方が良いのはもちろんその通りで、問題はどうや …