A4 WORKS Official BLOG

A4 WORKS オフィシャルブログ

JavaScript

JavaScriptで遅延処理をさせる

投稿日:2014年10月14日 更新日:

遅延実行(タイマー処理)が必要な場合にはsetTimeoutを使用します。
setTimeout(function(){ /*処理の中身*/ },待機時間);
待機時間はミリ秒(1秒なら1000)で指定します。

簡単なサンプル

5秒経過後にメッセージ表示を切り替えるだけの簡単なサンプルです。
https://gist.github.com/akifumi-kamata/656281d7435090b02401
 

-JavaScript
-,

執筆者:

関連記事

Javascriptの基本的な事を改めてメモ

最近Javascriptを触る機会が多くなり、つい忘れがちな基本をメモ。 型変換 Intにキャスト parseInt(value); Floatにキャスト parseFloat(value); 文字列 …

AndroidのparseInt(javascript)で"01234"が668になる

var x = ‘01234’; var y = parseInt(x); console.log(y); // 668? 結論としては、Androidだけ文字列の先頭が”0″ …

JSテンプレートエンジンhandlebars.jsを使ってみる

いまま関わったプロジェクトではスマホ、フィーチャーフォンの両方対応がほとんどで、処理を共通化する為にSmarty等のサーバサイドのテンプレートエンジンを使う事で概ね問題なく対処できていたわけす。 フィ …

JavaScriptでNaN(Not a Number)を判定して適切に処理する

引数や入力された値などをintなど数値にキャストする際に予期せぬ値が入っているとNaN(Not a Number)になり、処理が想定通りに進まない事がおこります。 https://gist.githu …

JavaScriptでオブジェクトの要素数を取得する

JavaScriptでオブジェクトの要素数を取得します。 https://gist.github.com/akifumi-kamata/092cde0876890a62cb23