A4 WORKS Official BLOG

A4 WORKS オフィシャルブログ

UNITY カプセルウォーズリベンジ(仮) ゲームプロジェクト

UNITYでゲームを作る その1

投稿日:2014年10月16日 更新日:

以前のエントリでcocos2d-xでゲームを作るとして進めてましたがUNITYに乗り換える事にしました。(といいつつ、正直まだ迷っています。cocos2d-xのガワアプリのガワはほぼ完成してたので。)
主要な機能(画面)以外はwebViewアプリとして、サーバサイドで構築した方が既存のアセットも活用できて、まちがいなく開発期間が短縮できるのですが、作るにあたって正直楽しくないなぁと。
もう1つの思惑として、次回に予定しているレースゲームの少なくともレース部分は3Dで作りたいので、今作からUNITYで作って経験値を上げておきたいというのもあります。
という訳で、最終判断としてcocos2d-xを選ぶかもですが、とりあえずプロトタイプはUNITYで作ります!

とりあえず作る

経験値が足りないので手戻りあるだろうなと思うのですが、怯まずすすめます。
ちなみに、現時点でC#の知識はほぼ0です。JavaScriptでもいいのですが、プロトタイプを作るのに良さそうなアセットを以前に使った事があるので、今回もそれをつかいます。
PlayMaker

とりあえず仮の部材を用意

最終的な画像素材は本職の方に作って頂くとして、一旦仮の素材をつくり画面に当てていきます。
まずは、スプラッシュ(1)、タイトル画面(2)、ホーム画面(3)の3つを用意し、クリック(タップ)で順次に画面遷移をさせます。
SS_2014-10-16_001SS_2014-10-16_002詳細は割愛しますが、雰囲気こんな感じです。

PlayMaker

SS_2014-10-16_001
専用のエディタ(PlayMaker Editor)を使って状態遷移を組み立てていきます。
マウスダウンなどのイベントをトリガーとして、各種処理(今回の場合はシーンの移動)を各ステートに設定していくことで、コーディングレスでロジックを実装していく事ができます。
ここも今回は割愛しますが、いつか紹介できればと。。。

こんなゲーム作ります

1作目は戦略シミュレーションゲームを予定しています!
タイトルは「CUPSULE WARS Revenge – カプセルウォーズ リベンジ -」(仮)です。
兵器の絵素材はこんな感じです。
CWR-006
兵器のイラストがコミカルなのですが、戦略要素をライトな感じに仕上げるかは思案中です。。。
ゲーム事業としても1作目なのですが、デジタルコンテンツリノベーション事業の1作目でもあります。
ニッチなジャンルではありますが、このジャンルが好きな方に楽しんで頂けるモノを作るべく進行中です!

-UNITY, カプセルウォーズリベンジ(仮), ゲームプロジェクト
-,

執筆者:

関連記事

AFTER FIRE RE 開発報告 2015/8/13

今週は多くのメーカー様が夏休み(お盆休み)の様で、 契約書や申請書の作成、ゲームの手直しに時間を充てております。 来週はドリキンこと土屋圭市さんとお会いさせて頂く予定となっており、今からとても楽しみで …

AFTER FIRE RE 開発報告 2015/08/21

昨日は午前中に富士重工業株式会社様、午後に本田技研工業株式会社様にお伺いしました! ライセンスの許諾を頂くべく、企画の説明などをさせていただきました。 HONDA S660 1Fのショールームに展示さ …

ゼロヨンシフト3rd 開発報告 2016/9/22

現在開発中の新タイトル「ゼロヨンシフト3rd」ですが、9月26日よりGREEにて事前登録が開始されます!事前登録特典もありますので、ぜひご登録ください! (10月18日リリース予定)   & …

AFTER FIRE RE 開発報告 2015/8/6

本日は、RG(RACING GIRE)ブランドを運営される辰巳屋興行株式会社様にお伺いしました! リリース目標を2015年10月に定め着実に進行中です! RG Webサイト http://www.ra …

Unity AWS SDKを使って、AWS SNSでPush通知(APNs,FCM)をおくる

AWS Mobile SDK for Unityのサンプル SNSExample を使ってPush通知を登録&送信(AWS SNSにエンドポイント登録して、Publish to endpoint)する …