A4 WORKS Official BLOG

A4 WORKS オフィシャルブログ

JavaScript node.js Python Raspberry Pi

PyCharmでES6対応する

投稿日:2018年6月15日 更新日:

PyCharmでjavascript(node.js)を変更しようとしたら構文は問題ないのにエディタ上の表示がエラー扱いでどうも使いにくい状況でした。

間違ってないけどエラー扱い

pycharm_es5.1
省略系のダブルアローを使った書き方 () => { } が認識されない。。

設定を変えてみる

Preferences ->Languages & Frameworks -> JavaScript
JavaScript language version をECMAScript6に変更します。(もともとはECMAScript5.1)
pycharm_js_setting

変更した結果

pycharm_es6
特にエラー表示も無くなり快適になりました。
PyChrmでnode.jsを編集しているもどうかと思いますが、Raspberry Pi上でPythonとnode.jsを連携したりしてまして、1つのエディタで両方編集してしまいたいワガママでした。

-JavaScript, node.js, Python, Raspberry Pi

執筆者:

関連記事

JSテンプレートエンジンhandlebars.jsを使ってみる その2

以前のエントリ、JSテンプレートエンジンhandlebars.jsを使ってみるのその2です。 handlebarsはプリコンパイルして使わないとパフォーマンスに難点があるので、ぜひとも使いたい所です。 …

Raspberry PiのタイムゾーンをAsia/Tokyoに変更

Raspberry Pi3のタイムゾーン(Timezone)をターミナル(コマンド)から”Asia/Tokyo” (UTC+9)に変更します。 下記コマンドを実行してConfi …

JavaScriptでundefinedと向き合ってみる

前回エントリのNaNの判定と趣はにていますが、今回はundefinedと向き合ってみます。 例えばPHPの場合には未定義の変数は”null”になりますが、JavaScriptの …

Androidブラウザでviewportのwidth指定(GALAXY 2.3系への対応)

Androidのviewport設定がバージョン依存や、端末依存の問題で最適化に困っていたところ以下のサイトを参考にさせて頂い対応していました。 続:Androidブラウザでviewportのwidt …

JSテンプレートエンジンhandlebars.jsを使ってみる

いまま関わったプロジェクトではスマホ、フィーチャーフォンの両方対応がほとんどで、処理を共通化する為にSmarty等のサーバサイドのテンプレートエンジンを使う事で概ね問題なく対処できていたわけす。 フィ …