A4 WORKS Official BLOG

A4 WORKS オフィシャルブログ

Xcode

iPhone6SをiOS11にしたらXcodeで実機確認できなくなった場合の対処

投稿日:2017年9月21日 更新日:

iPhone6SをiOS11にアップデートしました。
Xcodeで開発中のアプリをいつも通り実機確認しようとしたところ、
最新版のiPhone6SでiOS11は対応してないよという旨のメッセージが。。
Xcodeを最新版(Version 9.0)にして、再度トライ!
「xcode Please unlock your device and reattach. 」とメッセージが表示され、うごかず。。

一度、端末の接続を解除し
“設定” → “一般” → “リセット” → “位置情報とプライバシーをリセット”
の手順でリセットした後、つなぎ直してみてください。

上記の記事を見つけたので、早速トライ!
message「{デバイス名} is busy: Preparing debugger support for {デバイス名}」と表示され、またもやうごきません。。
ですが、このメッセージ画面のまま1分ほど待つといつも通りアプリがインストールされ、実機で確認することができました!
 

参考サイト

Xcode8、iOS10にしたら実機テストができなくなりました

-Xcode

執筆者:

関連記事

Unity AWS SDKを使って、AWS SNSでPush通知(APNs,FCM)をおくる

AWS Mobile SDK for Unityのサンプル SNSExample を使ってPush通知を登録&送信(AWS SNSにエンドポイント登録して、Publish to endpoint)する …

UnityでビルドしたXcodeのcapability設定(Push Notifications)を自動でONにする

前提条件 push通知まわりのいろいろな設定は終わっていて、ビルドするたびにXcodeを編集(Push NotificationsをONに)するのが面倒な人向けです。 Xcode APIの取得 htt …