A4 WORKS Official BLOG

A4 WORKS オフィシャルブログ

サーバ&インフラ

インフラ構築(AWS):munin編

投稿日:2014年8月28日 更新日:

AWSにもCloudWathがあるんですが、いろいろな項目が簡易にみれるので、munin個人的に結構お気に入りです。

プラグインの追加

Apache,MySQLの監視項目を追加します。

# cd /etc/munin/plugins
# ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_accesses
# ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_processes
# ln -s /usr/share/munin/plugins/apache_volume
# ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_bytes
# ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_
# ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_queries
# ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_
# ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_slowqueries
# ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_
# ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_threads

 

サーバー名、IPアドレスは適宜設定を。

# vi /etc/munin/munin.conf
[GROUPName;server01]
address 127.0.0.1
use_node_name yes
[GROUPName;server02]
address {IP-ADDR}
use_node_name yes

 
MySQLの接続情報を設定します。

#vi /etc/munin/plugin-conf.d
[mysql*]
env.mysqlopts -u USERNAME -pPASSWORD
env.mysqladmin /usr/bin/mysqladmin
env.mysqluser USERNAME
env.mysqlpassword PASSWORD

4949番ポートを解放

複数サーバーを監視する場合には子サーバー側は4949番ポートを解放します。
AWSの場合にはセキュリティーグループに設定を追加します。
Protocol:TCP
Port Range:4949
Source: Custom IP 解放するIPアドレスを指定
IPアドレスをレンジで指定する場合にはサブネットマスクの指定をするわけですが、すぐ忘れるのでメモ
例えば、
192.168.0.1〜192.168.0.254を指定
⇒192.168.0.1/24
192.168.0.1〜192.168.244.254を指定
⇒192.168.0.1/16

参考サイト

サブネッットマスクを計算


 
問題なく設定が出来るとこんな感じでレポートが表示されます。
munin_SS3
 

mysqlのリンクが赤い

munin_SS1
詳細を確認すると、クリティカルな表示に。
munin_SS2

原因はmuninの不具合との事らしい。

innodb_file_per_table を設定している場合には監視の意味もないとの事なので、mysql_innodb のシンボリックリンクを削除して対処。

innodb_file_per_tableが効いているかは以下のコマンドで確認

mysql> show variables like 'innodb_file_per_table';
+-----------------------+-------+
| Variable_name         | Value |
+-----------------------+-------+
| innodb_file_per_table | ON    |
+-----------------------+-------+
1 row in set (0.00 sec)

Missing dependency Cache::Cache

munin-node.logにエラーが出力されているのでその対応。

Error output from mysql_commands: Missing dependency Cache::Cache at /etc/munin/plugins/mysql_commands line 728. Service 'mysql_commands' exited with status 255/0.

perl-Cache-Cache をインストールして対応

# yum install perl-Cache-Cache

トラブルシューティング

munin-node-configure

# /usr/sbin/munin-node-configure --suggest

上記コマンドでエラーなどを確認できます。
正常な状態ではない場合に、こんな感じで情報がでます。

mysql_   | yes  | no [Missing dependency Cache::Cache]

 munin-run

個別のプラグインの動作を確認

# munin-run apache_accesses

 
次回はjenkinsの設定をします。


 AWSでサーバー構築

AWSでサーバー構築(t2.small)
インフラ構築(AWS):MySQL編
インフラ構築(AWS):Apache,PHP編
インフラ構築(AWS):munin編

 

-サーバ&インフラ
-, , ,

執筆者:

関連記事

Apache2.4系でのアクセス制限

apacheでアクセス元IPアドレスでアクセス制限を掛ける場合に2.2系と2,.4系で設定方法が変わっていてちょとハマったのでメモ。 2.2系

Linux(CentOS)にcompassとrubyをインストール

ちょっと古いサーバーにてcompassを使いたかったのでrubyからインストール。 rubyをyumでインストールしたところバージョン1.8.5でgemがインストールできない(1.8.7以上必須)ので …

AmazonLinuxにGDとimageMagick(imagic)をインストールする

WordPressにEWWW Image Optimizerプラグインを導入するにあたり、GDとImageMagickをインストール。ついでにPHPにimagickも導入します。 # yum inst …

Apacheで403エラーの際にTestPageを表示しないように設定

最終的には専用のエラーページを作るのですが、とりあえずアクセス制限の際に、403 forbiddenを返して終わりにしたいわけです。ですが、デフォルトではこんな感じのApache Test Pageが …

AWSでサーバー構築(t2.small)

先日ブログに書いた通り、AWSのt1.microに限界を感じたので、t2.smallインスタンスを構築することにしました。 段取りすぐに忘れるので、備忘録的に。 t1.microはそのままメールサーバ …