A4 WORKS Official BLOG

A4 WORKS オフィシャルブログ

GAS Google Apps Script でスプレッドシートを使いこなす

   

最近の傾向として、Excelを使う頻度がかなり下がってきており、Google Apps スプレッドシートを使う割合が多くなってきています。

スプレッドシートの場合には、ファイル名に日付をいれたり、枝番つけたり、編集者名いれたり、、、、等々のアナログなバージョン管理も不要ですし、複数人で同時に編集できる利点もあります。
(ただし、ファイル所有者のアカウントが削除されると、ドキュメントも一緒に喪失する別の問題はありますが。。。)

基本的にはExcelとほぼ同じことができるのですが、スプレッドシートの場合にはマクロ(VBA)が使えません。
そんなマクロの代わりに用意されているのが、Google Apps Script(GAS)です。

Apps スクリプトの概要

サイトで Google Apps スクリプト 新しいウィンドウで開く を使用して、メールの送信、Google カレンダーの招待状の作成などの操作を行ったり、動的にコンテンツを生成したりできます。JavaScript で記述されたこれらのスクリプトは、Google のサーバー上で実行され、大部分の Google サービスにアクセスできるので、さまざまなタスクを簡単に自動化できます。

https://support.google.com/sites/answer/1224162?hl=ja

個人的には慣れ親しんだJavaScriptでコードが書けるのはかなり有り難いです。

とりあえず作る&使ってみる

縦方向に並んだセルを半角スペースで区切って1つのセルにまとめて表示したいというケースがあったので、作ってみました。

コード

アウトプット

GAS_sample001

まとめ

実際にはスプレッドシートのDB定義書からFuelPhpのoilコマンドを簡易に作れないかというのが今回の始まりでした。

Excel時代にはVBAだからと敬遠してたマクロですが、いまさらながらGASは期待値大です。

 - GoogleAppsScript ,

STINGERレクタングル大

STINGERレクタングル大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

関連記事はありませんでした