A4 WORKS Official BLOG

A4 WORKS オフィシャルブログ

FuelPHPでSmartyを使う

   

以前のエントリ「FuelPHPを使ってみる」の続きです。

Twigを導入するか迷ったんですが、今回はなじみがあるのでSmartyを採用(導入)します。

最初に。

バージョン1.7.2でのセットアップ方法です。
Smartyを別途ダウンロードして来て fuel/app/venderの配下に置くという情報もありますが、1.7.2では不要の様です。

Smartyのセットアップ(インストール)

APPPATH/composer.json

omposer.jsonにsmartyの記述を追加し、コマンドラインから以下のコマンドを実行します。

APPPATH/fuel/app/config/config.php

always_loadにpacages,parserを追加します。コメントアウトされているので、コメントインするだけなのですが、pacagesの辺りだけでなく、always_loadの行もコメントアウトされているのにしばらく気づかず「Class ‘View_Smarty’ not found」のエラーから脱出できませんでした。

ここまででインストール周りは終了です。

 テンプレートの拡張子

デフォルトでは拡張子が”.smarty”になります。

ちょっとなじめないので、”.tpl”に変更します。

APPPATH/fuel/pacages/parser/classes/view/smarty.php

42行目あたりを修正します。

テンプレートの追加とviewの変更

テンプレートを追加します。

APPPATH/fuel/app/views/welcomeの配下にテンプレートを配置します。今回はsmarty_index.tplとします。

APPPATH/fuel/app/views/welcome/smarty_index.tpl

APPPATH/fuel/app/classes/welcome.php を更新します。

無事表示されれば完了です!

 - PHP ,

STINGERレクタングル大

STINGERレクタングル大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

fuelPHP_icon
FuelPHPを使ってみる

ゲーム開発プロジェクトのサーバー側(アプリと連携させるAPIとか管理機能とか)を …

php_icon
memcachedのインストールとPHPの対応

AWSのサーバーにmemcachedをインストールしたので備忘録。 memcac …

fuelPHP_icon
FuelPHPのとっかかりの際に目を通してほしいスライド

公式のドキュメントも分かりやすく整理されているとはおもいますが、このスライドが要 …

Google Developers PageSpeed Insights_icon
Google Developers PageSpeed Insightsを活用してパフォーマンスチューニング

PageSpeed Insightsのトップページに書いてあるんですが「あらゆる …

php_icon
PHPでAPCを有効にするとclass not foundになる現象

最近はLINEスタンプのネタばかりだったので、久々の技術ネタです。 4年ほど前に …

bitbucket-slack
BitbucketのPull RequestをSlackに通知するWeb API

BitbucketのWebhookと、SlackのWebAPIを組み合わせせる事 …

php_icon
file_get_contensでPOSTリクエスト

file_get_contensでファイルパスの代わりにURLを指定することで、 …

no image
PHPの名前空間を実際に使ってみた。

A4 WORKS 新人の池田です。 “ブログを書くことで学べる事も多 …