A4 WORKS Official BLOG

A4 WORKS オフィシャルブログ

FuelPHPを使ってみる

      2014/10/23

ゲーム開発プロジェクトのサーバー側(アプリと連携させるAPIとか管理機能とか)をどうするか検討していたんですがFuelPHPが良さそうなので、導入してみました。

http://fuelphp.jp/

日本語のドキュメントも整備されているので、導入の障壁もすくないかと思います。

インストーラーを準備

マニュアルのこちらをみれば記述があるのですが、パスワードを求められます。

ドキュメントのトップにある「FuelPHP へようこそ」のクイックインストールの項目だけみるとその様な記述が無かったので、ちょっと焦ります。

正常に終了した場合には何も表示されませんが、oilコマンドが使える様になっています。

プロジェクトを作成

プロジェクトを作成したいディレクトリに移動し、oil createコマンドを実行するとフレームワーク一式がセットアップされます。

インストール後のエラー


セットアップ終了時に上記の様なエラーが出ました。

このエラーはapp/config/config.phpの97行目付近のタイムゾーンを以下のように設定することで解決しするとの事です。

 動作確認

APPPATH/publicをドキュメントルートに設定するなり、既存の公開ディレクトリからシンボリックリンク張る等でWelcom!ページが表示されれば一旦は完了です

SS_fuelPHP_welcom

次回予告

次回ですが、テンプレートエンジンはsmartyを使いたいので、FuelPHPでsmartyを導入するためのセットアップの手順等を紹介したいとおもいます。

 - PHP , ,

STINGERレクタングル大

STINGERレクタングル大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

fuelPHP_icon
FuelPHPのとっかかりの際に目を通してほしいスライド

公式のドキュメントも分かりやすく整理されているとはおもいますが、このスライドが要 …

no image
PHPの名前空間を実際に使ってみた。

A4 WORKS 新人の池田です。 “ブログを書くことで学べる事も多 …

Google Developers PageSpeed Insights_icon
Google Developers PageSpeed Insightsを活用してパフォーマンスチューニング

PageSpeed Insightsのトップページに書いてあるんですが「あらゆる …

php_icon
file_get_contensでPOSTリクエスト

file_get_contensでファイルパスの代わりにURLを指定することで、 …

php_icon
PHPでAPCを有効にするとclass not foundになる現象

最近はLINEスタンプのネタばかりだったので、久々の技術ネタです。 4年ほど前に …

bitbucket-slack
BitbucketのPull RequestをSlackに通知するWeb API

BitbucketのWebhookと、SlackのWebAPIを組み合わせせる事 …

php_icon
memcachedのインストールとPHPの対応

AWSのサーバーにmemcachedをインストールしたので備忘録。 memcac …

fuelPHP_icon
FuelPHPでSmartyを使う

以前のエントリ「FuelPHPを使ってみる」の続きです。 Twigを導入するか迷 …