A4 WORKS Official BLOG

A4 WORKS オフィシャルブログ

無料のCDN CloudFlareを使ってみる

      2014/09/28

ダウンロードの高速化とトラフィックの分散にはCDN(Contents Delivery Network)が効果的なのですが、それなりにコストが掛かります。

そんななかで良いらしいと聞き、無料で使えるCDN CloudFlareを導入してみました。

登録手順

アカウントを作成し、DNSの設定を指示通りに書き換えします。(詳細は割愛します。。。)

DNSサーバをCloudFlareに委譲することで、CDN機能の利用をコントロールします。
設定は、サブドメイン単位でON,OFFを設定します。

初回の設定時はDNSの伝播に時間がかかるので、利用できるまで1時間程度掛かりました。(キャッシュタイムを短めに設定してたのですが、それなりに時間かかりました)

効果検証

残念ながら早くなりませんでした。というか遅くなる結果に。。。

ピーク時間に計測したのも原因かとおもいますが、abコマンドで簡単に計測してみました。

通常のリクエスト(AWS)

CloudFlare利用

体感的にはさほど変わらないのですが、数値だけみると3倍程度の開きがあります。

トラフィックの分散と言う面では効果がありますが、継続して利用するかは悩ましい所です。。。

 - パフォーマンスチューニング

STINGERレクタングル大

STINGERレクタングル大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

WordPress
WordPressのパフォーマンスチューニング

先日のエントリの”サイトのパフォーマンスチューニング”の続きです。 コーポレート …

Google Developers PageSpeed Insights_icon
Google Developers PageSpeed Insightsを活用してパフォーマンスチューニング

PageSpeed Insightsのトップページに書いてあるんですが「あらゆる …